ETCカードを目的別に選ぶ

ETCカードを目的別に選ぶ

車にETCを導入すると、色々なメリットがあるが、そんなETCにも落とし穴があり、ETCを利用するときに注意したいことを書きたいと思う。

ETCは通常、料金所を素通りできるというメリットを持っているが、その素通りする前に必ず車を止めることができる速度に下げておかなければならない。

そうしないと、前の車と事故を起こす可能性があるからだ。

次に、ETCを付けていても、ETCカードを入れ忘れいることがあるため、ETCに対応している料金所のレーンなのに開かないということがある。

そのときは事前に、ETCカードが差さっているか確認することが必要である。何事にも確認が必要で、確認は何回しても良いくらいだ。神経質だと言われそうだが・・・。

次の注意事項はETCを使っている方々にとって重要かもしれない。それは、ETCには有効期限があるということだ。

一度、ETCカードを入手したら永久的に使えるものではなく、クレジットカードと同じようにきちんとした有効期限がある。

そのため、一定期間更新を行わなければいけない。簡単にいえば、自動車の免許と一緒で、更新しないと使えないということだ。

だから、ETCを付けていても、それが永久に使えるとは思わないことが大切である。また、ETCを付けている車に乗っている方々は、車から降りるときにETCカードも一緒に携帯して降りるようにすること。

なぜなら、ETCカードもクレジットカードと一緒の機能を持っているので、もし車上荒らしがあった場合、ETCカードを盗まれて使われる可能性が十分にあるからである。

それ以外でも、日当たりのよいところ、特に夏場での車内には注意したい。

太陽が当たっているところに置いておくと、ETCカードが熱くなって、使えないということが発生してしまう。

ETCカードは食品と一緒で、食品も日の当たるところに置いていたら腐ってしまって、食べることができない。結局のところ、ETCカードをきちんと管理できていれば、何も問題が起きることはない。