今すぐ申し込みができるETCカード

ETCカードを使わないと大きく損をしますよ!

有料道路で便利なETCシステムを利用するには、料金の引き落としに使用するETCカードのほかに、自動車に設置するETC車載器が必要です。

いずれのETC車載器も車内に取り付けてからETCカードを挿入して使用するため、車載器そのものには有料道路の料金を支払う機能が搭載されているわけではありません。

つまりETC車載器とETCカードは両方を揃えて初めて正しく使用できるようになるというわけですね。

ETC車載器には大きく3つのタイプに別れており、ダッシュボードの上に設置して使用する「2ピースタイプ」、カードを挿入する車載器本体とアンテナ部分が分離されており、本体は車内であればおおむね好きな場所に設置できる「3ピースタイプ」、車内のインテリアと一体化しておりダッシュボードやフロントガラスなどに車載器を設置しなくてもいい「ビルドインタイプ」があります。

ビルドインタイプの多くは自動車メーカーが発売しており、中には納車時にしか装着できない場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

ETCシステムの普及にともない、車載器のタイプもさまざまな進化を遂げています。

車のインテリアを邪魔しないビルドインタイプも比較的新しいタイプですが、カーナビゲーションと一体化した車載器なども販売されています。

各自動車メーカーのほか自動車部品メーカーやカー用品メーカー、家電メーカーからも車載器が発売されており、主にカー用品店や家電量販店のカー用品コーナーなどで購入することができます。

新しくETC車載器を使用するためには、使用する自動車のナンバープレートなどを情報として登録する必要があり、これを「セットアップ」といいます。

ETC車載器には高度なセキュリティ技術が採用されているため、セットアップは必要な専門技術を持った登録店でおこないます。

厳しい審査を受けた登録店以外や個人ではセットアップできないので、ETC車載器の購入時に店頭で確認しておきましょう。

ETCカード選びの参考になるサイトたち

ETCカードMAX(ETCカードの比較サイト)
年会費無料、有料のカードを比較して紹介したサイト。オススメは楽天カードのようですが、自分の生活(カードの利用状況、お買い物、コンビニでも使いたいなど)に合わせて選べば良いと思います。

NEXCO中日本NEXCO西日本NEXCO東日本
高速道路の運営会社ですね。各地域の高速の渋滞状況なんかもみれるので長距離ドライブの前のチェックは忘れずに。各社ともに公式のクレジットカードを発行していて高速での利用で有利になるETC特典もあるので選んでみるのも良いかも。